長年のおつきあい

”なんだか腰があやしくて~”

 

と、年に何度か駆け込みのメールをいただく

ご近所のママ友Tさん。

 

フルタイム勤務、帰宅後は夕食その他でバタバタなのも

わかっているので

 

”夜なら何時でもいいよ~

とこちらも”知り合い患者さん”モードで

何でもアリで応じます。

 

結果は腰痛に出るけれど

腰だけではなく

身体の他の場所が発しているかもしれない

サインもチェックしないといけません。

 

そしてそれは

丁寧に話を聞き出していくうちに

患者さん本人が気づかれることでもあります。

 

”そういえば、会社で重いファイル持って階段行き来したわあ”

”腰が痛いと姿勢も悪くなるしね”

”そういえば目もすごく疲れてる”

 

私が身体を触って気になるところで

ご本人も気づく

 

こんな関係が築かれると

お互いにとってもラクです。

 

この日は鍼は使わず

ほぐしのマッサージとお灸でした。

 

翌日は

足の運びが軽くなっているといいな!

”腰”のこと、忘れてるといいな!♪

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Willette Lemaster (土曜日, 04 2月 2017 04:28)


    magnificent publish, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector don't realize this. You should proceed your writing. I am confident, you have a huge readers' base already!